net vision academy

社会人未経験から本気でIT業界を目指している人だけ見てください。

【自己紹介、失礼しますm(__)m】

私は28歳の時、飲食アルバイトでした。
新しい部屋を借りるために不動産屋に行きました。
担当の方に、
「アルバイトの人の名義ではこの部屋は貸せない」
と言われ、正社員だった当時の彼女(いまの妻)に名前を書いてもらい部屋を借りました。
10年経った今も、その時の恥ずかしさと情けなさを覚えています。

「28歳なのに、人生どうしよう」
その時にアルバイトを辞めて、SESでネットワークの仕事に就きました。
最初の仕事は”ネットワーク監視”でした。
1年半後「マネジャーにならないか?」と言われて、
某大手通信事業者のサービスマネジャーとなりました。
顧客は、日本のメガバンクです。

1年半前に飲食店でアルバイトしていた私は、
1年半後にはメガバンクのIT責任者へ報告をする立場になっていました。

”SESガチャ”には、悪い面もありますが、このような良い面もあります。
そして、ITインフラ系の”SESガチャ”は、プログラミングと違い、失敗率が低めです。
その理由は、このブログの下の方に詳しく書かせて頂きました。

諸事情あり、サービスマネジャーの仕事は1年間で辞め、違う業界に行きました。
そして辞めてから3年後の33歳の時
”ネットワークエンジニア”でフリーランスになりました。
ネットワーク経験は合計2年半、ブランクも3年ありました。

フリーランス初年度の年収は800万円でした。
税引き後利益は「712万円」です。
年収1000万円の手取りが「722万円」と言われているので、ほぼ同額でした。
たった2年半の経験で、これだけお給料が頂けるのも、他業界を経験している私としては衝撃でした。
もし新卒からそのまま進んでいれば、25歳で手取り「712万円」だったわけですから。

あ・・・自分語りが長くてすいません。
つまり私の言いたい事はこれです。

ネットワークエンジニアはブルーオーシャン

未経験からSESでネットワークの仕事に就けるのも、マネジャーになれたのも、経験2年半のブランク3年でフリーランスに成れたのも、残念ながら私が優秀だからではありません。
「ネットワークエンジニア」が人手不足でだからです。
当時の私と同じようにキャリアに困っている方へ、ネットワークエンジニアという職業をご紹介したく、TikTokを始めました。

IT未経験の社会人 → ネットワークエンジニア

社会人がネットワークエンジニアに転職する場合、ネットビジョンアカデミーさんのサービスをおすすめします。
他にも有名な他社さんのサービスがありますが、私は以下の面でネットビジョンさんが優れていると思います。

  • CCNA取得スクールが無料
  • 上京サポートがある
  • 資格取得後の就職先を見つけてくれる
  • Youtube上の教育コンテンツの質が一番良い

無料カウンセリングをオンラインで実施中とのことです。
気になる方は→こちらをクリックしてサービスを確認してみてください。

また、地方をディスる訳では決してないですが(私も地方の地元に住んでいますし)、若い世代の方は以下のリスクを知っておくべきだと思います。
【地方の企業が抱える問題】
 ・人口減少が続く
 ・つまり商圏人口が減っていく
 ・商圏拡大が出来ない場合、売上は減り続ける

よって、一回上京して働くことも視野に入れると良いです。
一度IT系のリモートで働ける技術を手に入れれば、その後に地元で住んでフルリモートで働くことも可能です。
(現在私もフルリモート勤務で地元に住んでいます)
ネットビジョンさんは上京サポートもしていますので、気になる方は→こちらをクリックください。

またネットワークエンジニアにご興味を持たれた方へ
人によってはマイナスに感じる点を先にお伝えさせてください。

①ITインフラエンジニアは”完全”リモートワークは少ない
プログラミングと比べると、「週5日間、完全リモートワーク!」というのはITインフラ系では少ないと思います。もちろん週2, 3回リモートワークなどはあります。
ただ、私はネットワークエンジニアで完全リモートワークですし、コロナ以降は業界的にも完全リモート率は増えている傾向はあります。

②夜勤や土日勤務があるケースが多い(他の業種に比べ)
ネットワークは24時間動いており、その面倒を見るのがネットワークエンジニアです。
よって、夜勤対応や土日勤務が発生するケースがあります。
もちろん、夜勤明けは休みですし、土日勤務をした場合は代休を平日に取れます。
変則勤務が難しい方は、事前にSES企業側と相談し、日勤のみの案件紹介を希望しておくと良いです。

③プログラミングはしないことが多い
「ネットワーク」や「サーバー」の技術と「プログラミング」は似て非なるものです。
よって、ITインフラ系の仕事ではプログラミングはしないです。
”プログラミングを絶対したい!”と思っている方は、希望ずれる可能性が高く、注意です。

しかし余談ですが、最近はITインフラ自動化の流れがあり、プログラミングをする案件が徐々に増えてきました。
そして単価的には、”ITインフラ×プログラミング”は高単価且つ人材不足です。
ITインフラ系からスタートしてプログラミングを学習したら、今なら稀少人材になれます。
また、プログラミングに挫折した人がITインフラを目指すのも、 戦略的に有効だと思います。

ネットビジョンさんのサービスを確認したい方は→ こちらをクリック ください。

※このページはIT未経験の社会人の方向けです🧔🏻
 大学生の就活に関してはこちら→「大学生のIT就活革命」をクリックください。
※外資系や海外で働くための英語を身に付けたい人はこちら→「英語は知覚で喋れる」を是非ご覧ください。

それでは以下、ITインフラ業界に入る前に知っておいた方が良い知識です。

誤解されがちな「案件ガチャ」と「キャリアパス」についてです。

案件ガチャについて

  1. ”案件ガチャ”はプログラマーとネットワークエンジニアで分けて考える
  2. ITインフラは資格があれば上に行ける、キャリアに行き詰まりは無い

まず1点目
ネットワークエンジニアは資格があれば成れます
ここがプログラマーとの大きな違いです。

SESは案件ガチャです。それは事実だと思います。
しかし、プログラマーとネットワークエンジニアでは大きく異なります。

プログラマーの案件ガチャ
プログラマーが転職する時、資格はほぼ無意味です。
コードを書く技術で実力を判断されます。
そのため、面接時には以下のようなことがあります。
 ・コードテスト(どのくらいプログラミングが書けるか)
 ・GitHubの共有(自分のコードを見せる)
 ・ポートフォリオの提出(自分が作ったものを見せる)
まぁ、プログラミングはそういう業界です。

よってプログラミング志望の人がSESを利用して
「”コードを書く仕事”に就けなかった!!!」
のであれば、それは”案件ガチャ失敗”と言えると思います。
だって、仕事でコードを書けなければ実力が付かないですし、実力が無ければプログラマーには転職できないので。
これがプログラミング業界の人が語る”案件ガチャ”問題です。

しかし一方で、ネットワークエンジニアを始めとしたITインフラ系は違います。

ITインフラ系の案件ガチャ
「資格があれば上に行けます。キャリアに行き詰まりはありません。」
それはITインフラ業界共通です。

ITインフラ系は就職や転職時に資格が優遇されます。
上位の資格があれば、それだけ上流の仕事に就けます。
例えば、ネットワーク構築未経験でもCCNPがあれば構築案件に入れます。
つまり、「案件ガチャで失敗!」と仮に思っても、資格勉強を続けてCCNAやCCNP等の資格を取れば良いのです。
因みにCCNAは勉強期間1か月で取れるくらいの難易度です。
安心してください。

ネットビジョンアカデミーさんでは、CCNA研修が無料で受けられます。
サービス内容は→こちらをクリックください

プログラマーとITインフラエンジニアの資格に関する違いについては、Youtubeに纏めました。ぜひ見てください。

https://www.youtube.com/watch?v=fDlL0CwN9aE

ネットワークエンジニアのキャリアパスについて

①まず始め!最初から”ネットワーク構築の仕事!”に携わる事はほぼ0、でもそれは良い事だよ!

初めてのSESネットワーク案件では、”ネットワーク構築の仕事”には、そもそも就けません!
それで”案件ガチャ失敗”とか言っている人が居たら、業界を知らなさ過ぎます。

そんなルートは存在しません。
それには理由があります。
理由は、影響がデカすぎるから。です。
もし仮に素人が設定したネットワークに”バグ”が起きた場合、そのネットワークを使う全てのアプリケーションが使えなくなってしまいます。

例えばITインフラのCDNプロバイダー「米クラウドフレア」に障害が起きましたが、その時にサービス停止になった有名アプリは「Discord / Notion / Shopify / DeepL / DoorDash / Feedly / Medium / Pixiv / FTX(仮想通貨取引)」などです。
原因を簡単に言うと、「ネットワークの設定を間違えた」です。
これは、世界規模で問題になりました。
分かりますでしょうか。「プログラミング初心者がアプリの一部のコードにバグを埋め込んでしまった~」とは訳が違過ぎるのです。

そのような理由から、初心者にネットワーク構築などさせれないです。
よって、そんなルートはSESには存在しません。

②ガチャ失敗という概念は無い

そういった性質上、むしろ安心してSESに飛び込んでいくことが出来ます。
考えてみてたら、
「初心者にはいきなりネットワーク構築をさせない!」
「監視など簡単な仕事から始めさせる!」
って、とても健全なことですよね。
無理なく仕事をすることが出来ます。
逆にプログラミング界隈で、”初心者にいきなりコードを書かせる”事を「ガチャ成功!」と言ってる事の方が問題だと思います。

ITインフラ系は、みんな初心者が初級の仕事に就いて、そこからスタートして着実にキャリアップしていきます。
これは適材適所であり、健全なことだと私は考えます。

完全無料で”資格取得”と”就職サポート”がある、ネットビジョンアカデミーさんのサービスは→こちらから見てみてください。

③業務経験と資格、両方でキャリアップできる

次にキャリパスです。
ITインフラで上のキャリアに進みたい!と思った時のルートは大まかに以下です。

エンジニアとしてのキャリアパス

ネットワークエンジニアとして上を目指す場合は
上位の資格を取りましょう。
「実務経験」”今まで何をやってきたか?”も大事ですが、
「上位の資格を持っているか」が”ITインフラエンジニアとして”キャリアップする時に大事な要素となります。

他のITインフラ系へクラスチェンジする場合は
これも「資格」があれば転職する事ができます。
サーバーエンジニアであれば、まずLPIC(LinuC)
クラウドエンジニアであれば、AWS、Azure、GCPの資格
ITインフラ系はとにかく資格が優遇されます。

そういった背景もあり、どんな案件に配属されようとも、資格を取ればキャリアを前に進める事が可能です。
なので、案件ガチャ失敗率が少ないです。
そんな特性上、もし”簡単で誰でもできる暇な案件”に配属されてもガチャ成功です。
資格勉強の時間を沢山取れる為です。

リーダー、マネジャーのキャリアパス

リーダーやマネジャーを目指す場合は、「実務経験」と「資格(ITILやPMP等)」の両方で武装しましょう。
ただ私はCCENTという弱小資格しかありませんでした。
それでもネットワーク監視から一年半でサービスマネジャーに成れたのですが、理由は「周りに信頼されていたから」だと思います。まぁ、自分で言うと気持ち悪いですが。

少し属人的な知見だと思いますが→こちらに纏めてみました。

ネットワークエンジニアやITインフラ系に興味を持たれた方は、
ぜひネットビジョンアカデミーさんの無料スクールや無料カウンセリングを確認してみてください

質問のある方はオンラインでお話しませんか?(30分, ZOOM)

転職するというのは大きな決断です。
そんな大きな決断をお勧めしてる以上、責任を感じています。
なので、SESの案件や、今後のキャリアなど、ご質問がある方はZOOMでお話しませんか?
30分と短い時間で恐縮なのですが、ご希望の方は以下の方法でご連絡ください。
もちろん無料ですし、別のサービスの勧誘とかもしません!
単純にTikTok等で転職情報の発信をしてるので、その責任をなるべく果たしたいと思っていますし、認識に齟齬が起きないようにしたいです。

”ネットワークエンジニア ひげ”というmeetupのグループに参加ください
②オーガナイザーの私(Kenichi Takai)に直接相談内容をメッセージしてください
③ZOOMの日時を決定後、私がmeetup上でイベントを作ります
④そのイベントを予約(RSVP)して頂き、イベント情報からZOOMリンクを確認します
⑤当日、ZOOMでお話しましょう

meetupグループは→こちらをクリック

2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です